DMM動画について

ここではDMM動画について紹介いていきますが、動画配信サービスの概要やメリット・デメリットなどは動画配信サービスとはの記事でも紹介しているので参考にしてみてください。

DMM動画とは

DMM動画は株式会社DMM.comが運営している業界大手のエンターテインメントサイトで、宅配レンタルやオンラインゲームと数あるサービスの中でも、今回は動画配信サービスについて紹介します。

DMM動画の特徴は視聴できる動画のジャンルが各フロアごとに分かれているのが特徴になっていて、無料会員登録をすればサービスの利用を開始することができる。

また他の動画配信サービスと比較すると料金プランというものがなく、個別で購入やレンタルしたり、パックで購入や月額レンタルするような動きになっています。

月額料金が毎月掛かるというわけではないので、サービスを利用しない月は料金が発生しないのはメリットとなっているが、他の動画配信サービスのような月額見放題プランがない点、利用する方法によっては逆にデメリットになる可能性がある。

動画配信サービスの種類

DMMの動画は8種類のフロアに分かれていて、それぞれの特徴にあった動画を視聴することができるので紹介したいと思います。

・TBSオンデマンド作品
・バンダイチャンネル
・アニメ
・アイドルチャンネル
・映画・ドラマジャンル
・ミュージックジャンル
・格闘技ジャンル
・バラエティジャンル

上記を見るとわかるように8種類のフロアで異なるジャンルの作品を視聴することができ、個別課金用にそれぞれ低料金で設定されているので、個別課金だからといって高くてたくさんレンタルできないということにはならないので利用者にとっては嬉しいですね。

DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト
各フロアの特徴と視聴できる動画について

TBSオンデマンド作品
TBSオンデマンド作品は話題の新作やドラマからアニメ、スポーツといった多彩なジャンルの動画を視聴することができ、1本108円~の料金設定になっている。

単品購入するよりもお得なパック購入や、今放送中のドラマなどの見逃し作品も視聴することができるフロアになっています。

バンダイチャンネル
バンダイチャンネルはバンダイ系列のガンダムシリーズやマクロス、新世紀エヴァンゲリオンなどの人気作から懐かしの名作アニメまで視聴ができるアニメ専門チャンネルです。

1,000タイトル15,000本以上のアニメ動画を視聴することができて、最新のTVシリーズのアニメは毎週更新されるので見尽くすことはないでしょう。

料金は1本73円~の低料金から設定されていて複数話、全話パックなども充実しているのが特徴です。

また会員登録不要で視聴できる1話無料もあるので試してみたいという方にはオススメとなっています。

アニメ作品
アニメ作品のフロアはバンダイチャンネルのフロア同様にアニメ専門のフロアとなっていて、東映のプリキュアシリーズや仮面ライダーやスーパー戦隊の特撮作品を視聴することができるフロアとなっています。

1本50円~の低料金で設定されていて最新アニメの見逃し作品や無料動画も充実しているのが特徴となっている。

バンダイチャンネルと視聴できる動画が異なるので無料動画などで視聴したい動画があるのか調べてから利用するものいいでしょう。

アイドルチャンネル
アイドルチャンネルはアイドルのイメージビデオ専門チャンネルとなっていてロリ系アイドルや美少女系アイドルなど様々なアイドル動画を視聴することができるフロアとなっています。

メーカー別に探すことができたり、DMMだけのオリジナルコンテンツの「Aircon+」やメジャーアイドルイメージ作品を取り揃えている「竹書房」「リバプール」などの動画も視聴できるので自分の好きなアイドル作品があるか確認してみるのもいいですね。

映画・ドラマ作品
映画・ドラマ作品は1本100円~という低料金設定で洋画や邦画などの映画からミナミの帝王や極道の妻たちなどの名作ドラマまで視聴することが可能なフロアとなっています。

DMM独占配信作品だったり劇場同時公開や半額シャンペンなどのイベントも定期的におこなっていて、作品によっては無料で視聴できる場合もあるので、こまめにイベントなどチェックしてお得に利用してみてください。

ミュージックジャンル
ミュージックジャンルは1本108円~の低料金で視聴が可能となっていて、見れているだけで癒されるヒーリング動画やミュージックPV、ライブ映像が楽しめるフロアになっています。

DMM動画では定期的に遊泳アーティストのライブ生中継も行っており、過去にはX JAPANやSUPER GIRLSなどのライブ生中継を行っているので、自分の好きなアーティスト映像が配信されているのか確認してみるのもいいですね。

【格闘技ジャンル
格闘技ジャンルでは1本86円~の低料金で視聴することが可能で、人気の高い総合格闘技のTHE OUTSIDERや世界最大のスポーツエンターテインメント・WWEのPPV大会、女性同士が本気で繰り広げるキャットファイトの動画を楽しむことができます。

プロレスリング・ノアの数々の名勝負など視聴することができるので、プロレスファンは必見です。

お気に入りの名勝負を堪能してみてください。

バラエティジャンル
バラエティジャンルでは1本54円~と各フロアの中では一番低料金の設定がされている。

人気のバラエティ番組をはじめ、ホラー作品やお笑いライブなどを視聴することができるフロアになっています。

お笑いだけではなくパチンコやスロットといったギャンブル動画の視聴ができるのも特徴となっていて、他にもドキュメンタリー作品なども視聴が可能です。

普段テレビでは見れないお笑いライブや趣味の動画を楽しんでみてください。

マルチデバイスの種類

DMM動画で動画を視聴する際にマルチデバイスの機能を利用して他の機器で動画を視聴するということができる。

外出先と自宅で利用するデバイスを分けて利用することができ、場所や時間を問わず動画を楽しむことができるのが特徴です。

マルチデバイスに関してはマルチデバイスとはの記事でも詳しく紹介しているので、まだ見ていない方は参考までに確認してみてください。

DMM動画で対応しているマルチデバイスの種類は

・PC
・スマートフォン/タブレット
・テレビ
・PlayStation Vita/Play Station Vita TV

以上の4種類が対応しているデバイスとなっていて、それぞれ視聴する方法や動作環境がことなってくるので紹介したいと思います。

各デバイスの視聴方法&動作環境

各デバイスで推奨している環境や動画の視聴方法があるので紹介します。

PCの動作環境
WindowsとMacのOSがありそれぞれ推奨されている環境が異なります。

Windowsの場合
通常版 高画質 ハイビジョン
回線 ADSL/CATV(ケーブル/FTTH(光ケーブル)
CPU Pentium
500MHz以上
Pentium4
2.0GHz以上
2.4GHz以上の
DualCoreプロセッサー
物理メモリ 128MB以上 256MB以上 1GB以上のメインメモリ
OS Windows Vista/7/8/8.1
ブラウザ InternetExplorer9以降/Firefox最新版/Google Chorome
プレイヤー DMM Player

※2015年6月30日をもってWindows Media Playerのサポートが終了されているのでDMM Playerを利用するようにしましょう。

Macの場合
通常版 高画質 ハイビジョン
回線 ADSL/CATV(ケーブル/FTTH(光ケーブル)
CPU Intel Core Duo
1.83GHz以上
(PowerPCは非対応)
Corei5以上
(PowerPCは非対応)
物理メモリ 2GB以上のRAM
ビデオメモリ/グラフィック 128MB以上 IntelHD Graphics 3000
288MB以上
OS Mac OS 10.57以降
ブラウザ Safari 4以上/Firefox最新版
プレイヤー DMM Player

推奨している環境内であっても動画の視聴などができない場合があるので、無料動画やサンプル動画でまず視聴ができる環境になっているのかを試した方が安心してサービスを利用することができます。

スマートフォン/タブレットの場合

Androidの場合
OS Android2.3以上のスマートフォン/Android3.0以上のタブレット
ブラウザ Android標準ブラウザ
プレーヤー DMM動画プレイヤー(Android)のインストールが必須

※Androidはメーカーや機種により、様々なカスタマイズが施されているため機種によってはご利用いただけない場合があります。

iOSの場合
OS iOS6以降
対応機種 ・iPad2以降
・iPhone3GS/iPhone4/4s/5/5s/5c
・iPod Touch(Wi-Fi)/iPod touch(第4世代以上)/iPod nano(第7世代)
プレーヤー DMM 動画プレイヤーをインストールが必須

※iPhone3G/iPhone3GSで動画を再生する場合、2013年2月1日以降に公開した動画をストリーム再生した時に映像や音声にずれが発生し正常に再生を行うことができなくなっています。

バージョンの確認方法

iPhoneのバージョンの確認方法
ホーム画面→設定→一般→情報→バージョン

Androidのバージョンの確認方法
ホーム画面→MENU→設定→端末情報→ファームウェアバージョン(Androidバージョン)
※機種によっては操作が異なりますので、取扱説明書などで操作方法を確認してみてください。

以上がDMM動画での再生できる推奨環境や各フロアごとの視聴できる動画の種類となっています。

上記でも書きましたが視聴できる動画は各フロアで異なってくるので、無料動画を見てからどのフロアで動画を楽しむのか決められますので、自分に合った動画の視聴方法を見つけてみて下さい。

公式サイト:DMM動画