dTVが「Amazon Fire TV」「Amazon Fire TV Stick」に対応開始!!

動画配信サービスのdTV(旧dビデオ)で「Amazon Fire TV」「Amazon Fire TV Stick」に対応開始されたので紹介します。

dTV(旧dビデオ)についてではサービスの内容や料金の詳細について詳しく紹介しているので、こちらの記事も参考にしてみてください。



Amazon Fire TVとは

Fire TV

Amazon Fire TVとは複雑な設定は不要で、HDMI端子に専用のケーブルを繋げて映画やドラマを気軽に楽しめるデバイスとなっています。

映画やドラマ以外にも音楽を聴いたり、ゲームをしたりとマルチに楽しめるデバイスとなっているので、1台持っているだけで、休日の過ごし方や空いた時間の過ごし方の幅が広がります。

また4K対応のテレビを利用することによって、4K対応の作品を視聴する際には超高解像度、高精細での視聴が可能となっているのも一つの特徴で、サウンドも文句のないドルビーデジタルプラス搭載なので、自宅で迫力のある映像、サウンドを体験することができます。

Amazon Fire TV Stickとは

StickFire TV

Amazon Fire TV StickはHDMI対応のテレビのHDMI端子の部分に挿し込んで利用していただくデバイスで、Amazon Fire TV同様に複雑な設定などは必要なく簡単に使用することができます。

またコンパクトなスティック型のデバイスとなっているので、外出先でも映画やドラマなどを視聴することができるし、他にも音楽を聴いたりゲームなどをすることができる便利な機器となっています。

Fire TVと違い4Kには対応していないが、HD画質に対応はしているので、キレイな映像を楽しむことができます。

Amazon Fire TVとFire TV Stickの違いについて

Amazon Fire TVとAmazon Fire TV Stickの機能の違いについて紹介します。

まず大きな違いとしては「本体の大きさ」です。Amazon Fire TVは置き型タイプとなっているが、Fire TV Stickはコンパクトなスティックタイプなので、持ち運びに便利です。

あとは細かな性能に違いがあり、その違いを簡単に表にしてみたので、参考にしてみてください。

Fire TVとFire TV Stickの比較表
Fire TV Stick Fire TV Stick
(音声認識リモコン付属)
Fire TV
価格 4,980円 6,480円 12,980円
プロセッサ デュアルコア クアッドコア
メモリ 1GB 2GB
ストレージ 8GB
音声認識リモコン なし あり
音声認識付きリモコンアプリ あり
ゲーム カジュアルゲーム ハイパフォーマンスゲーム
Wi-Fi デュアルバンド
デュアルアンテナ
802.11a/b/g/n(MIMO)
イーサネット なし あり
外部ストレージ なし microSDスロット
USBポート なし USB2.0

以上がAmazon Fire TVとFire TV Stickの違いです。

dTVでの視聴方法

Fire TV」「Fire TV Stick」でdTVを視聴する際は専用のアプリをインストールしていただく必要があります。

インストールは「検索」から「dTV」を検索して専用のアプリをインストールしてログインをするだけで、簡単にdTVの動画を視聴することができるので、利用される方は接続が終わった後にアプリをインストールしましょう!!

また入退会や決済などはFire TVからではできないので、行う際にはdTV WEBサイトから登録してください。

まとめ

Fire TV/Fire TV StickはAmazonビデオのサービス以外にもNetflix(ネットフックス)やHulu(フールー)などが対応していましたが、3/17(木)からdTV(旧dビデオ)でも対応開始になり、より便利になって使いやすくなりました。

またdTV(旧dビデオ)ではdTVターミナルをはじめ、「Chromecast」や「NEXUS Player」などのでテレビ視聴デバイスにも対応していているので、迷っている方は自分の合ったデバイスを比較して利用してみるといいでしょう!!

どんどん便利になる動画配信サービスですが、dTV(旧dビデオ)では31日間の無料期間があるので、まずは無料期間を試してみてから決めるのもいいかもしれないですね。

dTV(旧dビデオ)の公式サイトはこちらから
「dTV」ムゲン楽しい映像配信サービス
※予告なく無料期間が終了される可能性があります。

他にもFire TVが利用できたり、無料期間がある動画配信サービスもあるので、複数試して自分に合った動画配信サービスを見つけてみてください。