ゲオの新動画配信サービスのゲオチャンネルについて

ここではGEO/ゲオが新たに提供する新動画配信サービスの「ゲオチャンネル」について、今わかっていることを紹介します。

ゲオチャンネルの特徴

ゲオチャンネルとはゲオホールディングスとエイベックス・グループ・ホールディングスが提携し新たに開始される動画配信サービスとなっていて、映画やドラマ、アニメなど13ジャンル・80,000以上のタイトルが配信される予定です。

他の動画配信サービスと比較をしても80,000タイトルはかなり多い方になるので、「見たい動画がなくなる」ということにはならないでしょう!

またゲオの店舗でレンタルした履歴と、ゲオチャンネルで動画視聴した履歴を連携させた独自の「レコメンド機能」の提供が予定されているので、自分にあったオススメ作品をすぐに探すことができるのも嬉しいサービスの一つです。

それに成人向けコンテンツは絶対的美少女に重点をおき、素人作品で他社を圧倒している「プレステ-ジ/PRESTIGE」の作品が用意される予定となっている。

但しアダルトコンテンツは50本の作品数しかなく、他のサービスと比べても少ないが随時更新されていくので見尽くすということはなくなります。

またアダルト作品を表示させたくない方には「アダルト表示/非表示機能」があるので、簡単に切替をすることはできるので、お子様がご利用する際には安心して利用できる機能となっています。

料金体系について

料金については月額590円(税抜)で見放題のプランで、さらに月額590円(税抜)でゲオの店舗で旧作DVDを20本レンタルできるサービスや、旧作8本を月1回宅配レンタルできるサービスなどオプションとして利用できるので用途に合った使い方ができそうです。

ちなみにゲオの店舗では約5万本以上、宅配レンタルでは約24万本以上の取り揃えがあるので、動画配信にも負けず劣らずの作品数が揃っているのも大手レンタル会社GEO/ゲオの魅力の一つでもある。

マルチデバイスについて

ゲオチャンネルはマルチデバイスの機能が対応していて、モバイル機器(携帯電話)やPCなどで視聴ができる。

登録できるデバイスの数は「1アカウントにつき最大5台まで可能」となっているので、よく使うデバイスを登録をしたり、家族で共有したりできるので、用途によって使い分けができるので便利です。

ただしマルチスクリーン(複数端末で同時視聴)ができないサービスとなっているので注意が必要です。

また視聴ができる画質は「SD画質(標準画質)」と「HD画質(ハイビジョン)」の2種類の画質の動画を視聴することができ、スマートフォン用にストリーミングではなく「ダウンロード」ができる機能も用意される予定となっている。

Netflix(ネットフリックス)では「4K画質」を押してますが、ゲオチャンネルはまだサービスの提供が開始されていない状態なので、これから徐々に「4K画質」に対応するコンテンツも増えてくる可能性があります。

対応しているデバイスの種類に関しては、まだ詳細な内容は公開はされていないので、公開され次第紹介をしたいと思います。

まとめ

まだ提供されていないので、不透明な部分はいくつかありますが、今現時点で分かっていることをまとめます。

・動画配信のタイトル数は80,000タイトル以上(店舗は5万本以上、宅配レンタルは24万本以上)
・月額見放題で料金は590円(税抜)/月
・追加で590円(税抜)/月のオプションをつければ宅配レンタルや店舗でのレンタルサービスを受けられる
・レコメンド機能対応
・成人向けコンテンツ(アダルト)も対応
・マルチデバイス対応(デバイス登録は最大5台まで)
・スマートフォン向けにダウンロード機能も提供予定
・視聴できる画質は「SD画質」と「HD画質」

以上が簡単にまとめた内容となっていて、サービス開始までまだ期間があるので、色々変更になる部分なども出てくる可能性がありますが、サービスの提供が開始に近づくにつれ、明確な情報も公開されてきますので、その際は随時紹介していきたいと思います。

また「ゲオチャンネル」と「GEO動画」は別サービスとなっていて視聴できる作品などが異なってくるため、それぞれ利用されたいサービスに登録を行っていただく必要があり、今提供されているGEO動画についてはゲオの動画についてでも紹介しているので、気になる方はこちらの記事もチェックしてみてください。

公式サイト:ゲオオンライン