ドラマ版マイノリティ・リポートがHuluで見逃し配信中!!

ドラマ版の「マイノリティ・リポート」が動画配信サービスのHulu(フールー)で見逃し配信中となっているので紹介します。

Hulu(フールー)についてはHulu(フールー)についてでも紹介しているので、こちらの記事も参考にしてみてください。

マイノリティ・リポート

マイノリティ・リポートはフィリップ・K・ディックの短編小説「少数報告」をスティーヴン・スピルバーグが映画監督を務め、トム・クルーズが主演したSFアクション。

2015年9月からFOXチャンネルで映画の続編となるのが、このドラマ版「マイノリティ・リポート」です。

あらすじ

映画「マイノリティ・リポート」から10年後の世界。

舞台は2065年のアメリカのワシントンD.C.。”プリコグ”という予知能力保持者のビジョンを頼りに、殺人事件を未然に防いでいた捜査機関”犯罪予防局”のシステムが崩壊し早10年…。

“犯罪率ゼロ”という夢の世界は終わりを遂げ、その後世の中に再び殺人事件が横行するようになっていた。

かつて捜査の要であった3人のプリコグはIDを抹消され、人里離れた地でひっそり暮らしていたが、その中の1人”ダッシュ”は未だに現れる犯罪予知のビジョンに悩まされていた。

彼は身を隠す存在である自分に別れを告げ、犯罪を阻止するためにワシントンD.C.に戻ることを決意するが…。

キャスト

原作:フィリップ・K・ディック
製作総指揮:マーク・マイロッド/スティーヴン・スピルバーグ
出演者:スターク・サンズ/ミーガン・グッド/ニック・ザーノ/ダニエル・ロンドン/ローラ・レーガン

>見どころとまとめ

マイノリティ・リポートの一番の見どころは映画でもあった「空中上にあるガラスパネルを手の動きだけで操作をする」というハイテク技術で、ドラマ版でも再現されている。

またジェットパックを使用して空を飛びまわる警察官など、映画でも見られた数々のシーンやアイテムなどが登場し、進化した2065年のCG技術が見どころとなっています。

映画の中でプリコグを演じていたダニエル・ロンドンも同じ役で出演しているので、映画版とドラマ版を共通点などを見つけるとより一層楽しめる作品になっています。

ドラマ版の「マイノリティ・リポート」は1話、2話が見逃し配信をしていて、各話の配信機関は3週間となっているので視聴したい方は配信期間に注意してください。

マイノリティ・リポートが視聴できる動画配信サービスはこちら
Hulu

良いドラマライフを…。